GoogleMapsAPIプレミアムの導入事例

GoogleMapsAPIは、さまざまな企業のサイトで活用されているシェアナンバーワンの地図APIです。


国内外のいくつかの企業から似たような地図APIサービスが提供されていますが、GoogleMapsAPIの普及度は他を圧倒しているのが現状です。


大手企業だけでなく、小さな会社や商店、クリニックなどのホームページでもGoogleMapsAPIを見かけることが多くなりました。店舗やクリニックまでの地図を表示したい場合に、これほど便利なAIPはないためです。


店舗等の位置だけでなく、最寄り駅からの経路や時間、付近で目印になる建物などを調べることができるので、ユーザーにとってもたいへん便利な機能です。

効率がいいGoogleMapsAPIのプレミアムに関する情報を公開しているサイトです。

小規模な会社では無料版が使われていることのがほとんどです。

しかし、無料版はアクセス数の制限があるため、来場者の多いサイトや地方自治体のホームページなどでは、プレミアム版が利用されています。

プレミアム版は、無料版とちがってアクセス数による制限がないため、急にアクセス数が上昇したとしても、地図が表示できなくなるなどの影響を受けません。



災害などが発生した場合には、一度に膨大な数のアクセスが殺到することが考えられます。

1日に2万5千回を超えたPVが発生すると、それ以降は地図が表示されなくなってしまう無料版だと使い物になりません。
自治体でGoogleMapsAPIを利用した地図が表示されていれば、それはプレミアム版だと考えてよいでしょう。